ルノーキャトルのオーナーズマニュアル本

ルノーキャトルのオーナーズマニュアル本を少し紹介します。
「RENAULT 4 Owners Workshop Manual」(Haynes社)
キャトルの納車時(今から20年位前)
平行輸入車ディーラーの営業担当者からは3分程度の説明があり
「はい、では自分で運転してお帰りください、ありがとうございました。」
てな感じで、大変不安な気持ちになりました。
夜でしたので、なおさらです。案の定、ダッシュボード上に一個しか無いウインカー確認ランプ
(右折の時も左折の時も同じランプが光る。これで十分でしょ、と車に言われている気分)
の意味が解らず「曲がろうとすると警告ランプが点滅するゾ、何が起こったんだ?!」
とかなり焦った事が思い出されます。
日本車のような取説なんかありません。
なんとかせにゃいかんと思い。
ティーポの通販でヘインズ社のマニュアル本を購入しました。
説明は英語でしたのでさっぱり解りませんでしたが、
図説が大変細かく丁寧で、写真も豊富にあり重宝しました。
(私が、と言うより車の主治医のワシダ商会の工場長原野君が....)

e0146210_17141131.jpg

何でもそうですが、新品より使い込まれた感じが好きです。


e0146210_17152613.jpg

キャトルの大きな特徴の一つ、リアの車軸が右車輪と左車輪では前後にズレている。
理由は、簡単に言うとトーションバーサスペンションの捻れを大きくし
ゆったり快適な乗り心地にする為、車幅内でバーを最長にしたかった。
タイヤが前後にずれていても、走行には何の違和感もありませんでした。
この写真を見て私は、田宮1/25スケールプラモデル、ドイツタイガー1型戦車の車輪軸を思い出しましたよ。


e0146210_17164183.jpg

この図は、既に廃盤になっていたキャトルの最上級車種「シュペール」の
リアウインドウの開閉の仕組み図です。
この時代に他車でも同じ仕組みはあったのでしょうか?
キャトルにはもったいない位の装備に思えます。
[PR]
by gaal-gaal | 2009-07-10 17:49 | 乗り物 | Comments(0)
<< フローティングペン 参りました。Mini Coun... >>