「北海道立体表現展'10」芸術の森美術館に展示した作品

私が「北海道立体表現展'10」芸術の森美術館に展示したインスタレーション作品の画像です。
e0146210_2224362.jpg

タイトル「探る」φ3,000 H3,000
私の欲しい情報を赤いレーダーで探り
その情報を白いディスプレイカウンターに立体の幾何学的データとして表現させています。
データはモニター上に3D画像として映るのではなく、実際の立体として出現しており
現在の科学技術では不可能な領域に到達しています。
今後の課題は、
1、レーダーをより高く、より大きく、より多くする事。
2、レーダーを回転させ探知エリアの死角を無くす事。
3、立体データを可動させる事。
しかし、実現出来るかどうか.........。
※ 後ろの壁の作品は藤沢レオさんの作品です。(レオさん、勝手に載せてすいません)


e0146210_22112392.jpg

見る角度を変えて
e0146210_2245973.jpg

光と影
e0146210_6345610.jpg

レーダー主要部の接写
e0146210_2274147.jpg

立体データは分析中
[PR]
by gaal-gaal | 2010-07-04 22:14 | G.A.A.L | Comments(0)
<< ホームページを更新しました。 北海道工業大学・図書館での個展... >>