クラブルノーキャトルジャポンの会報

クラブルノーキャトルジャポンの会報
e0146210_1733165.jpg

私は長く会員でしたが、なくなくキャトルを手放してた時に脱会しました。
クラブの会報は会員有志の手作りでしたが、大変クオリティーが高い物でした。
このクラブの会員諸氏は「メカとしての車が好きな人」というよりは
車も含めた生活の楽しみを探求する人達だと思います。
愉快な人が多いんです。きっと今でも。
表紙のイラストは溝呂木陽(ミゾロギアキラ)画伯。もちろん会員。
手前中央の表紙の人はあの人です。
キャトルのオーナーにとって重要人物です。

「フレンチブルーピクニック2010」では、会報も多数放出する予定です。
[PR]
by gaal-gaal | 2010-08-28 17:22 | 乗り物 | Comments(0)
<< めずらしいマドラーを入手する 「フレンチブルーピクニック 2... >>