「ほっ」と。キャンペーン

「ULTRA005」で頂いた賞

「ギャラリー創」のアートディレクター本庄千晶が今年のアートフェア「ULTRA005」で賞を頂きました。

「ベストウォール賞」です。

この賞はアートフェアにご来場して下さったお客様の投票により、一番投票数の多かった壁(アートディレクター)に与えられる賞です。

今アートフェアーは10月末と11月初めの前半・後半に分けて行われ、それぞれ30名、合計60名の40歳以下のアートディレクターによってアートの感性が競われます。
彼ら(女性が多かったですが....)は、今自分が最も推薦する作家の作品(2名以上)を、与えられた巾4.5m 高さ2.7mの壁に自由に展示配置できます。
お客様は会場で、それらの作品が飾られた壁面をご覧になり、一番お気に入りの壁の番号を投票する事になります。
展示作家数:120組以上、入場者数:前期後期併せて8日間で13000人。

その中で本庄千晶の壁「No.15」は得票数第1位になりました。(投票全体の12%)

私達(ディレクター:本庄千晶、作家:蒲原みどり・伊賀信)3名は、主に札幌で活動しています。
現代アートの日本レベルでの現状を中々把握する事が出来ません。
このアートフェアに参加する事で、何かを感じたり、見つけたり出来ると思っていました。
会期中は、色々な方々からお褒めの言葉や励ましの言葉を頂きましたが、何かしら不安や違和感などもありました。
「本当に参加する意味があったのだろうか?」
しかし、最終日のクロージングパーティで賞の発表があった時、一気にマイナスの思いは解消されました。
少なくとも間違った事はしていないようです。
賞をいただいた事は大変な励みになりました。
報われた思いで一杯です。

この賞が一番欲しかったのです。
e0146210_170636.jpg

[PR]
by gaal-gaal | 2012-11-08 17:04 | エキシビジョン | Comments(0)
<< ULTRA005 報告会&パーティー 「ULTRA 005」展示風景 >>