「2001年宇宙の旅」の食事風景

この映画は極端にセリフの少ない映画です。
しかも会話の半分近くはコンピューターのセリフです。
役者達が熱く語る事もありません。

皆さん感情を抑えて常に冷静です。
一番感情的な場面は最初の章で「人猿」が
敵を殺したり、初めて骨を道具として理解した時でしょうか。
しかし、まだ言葉はない時代なのでセリフもありません。

セリフとは対照的に食事の場面は非常に多い映画です。
SF映画としては例外的です。全て違う場面で違う品目です。
私には、それぞれの食事風景が大変魅力的に感じます。
その料理的なモノに憧れます。
さぞかし美味しいのだろうと思います。

食べ物の美味しいか不味いかの判断は
食材の高級さや鮮度、料理人の腕、だけでは決して計れません。
母親の作ったおにぎりが「おにぎり」のなかで一番美味しかったり、
沙漠で遭難し3日ぶりに飲む水が最高に甘く美味しく感じたり。
要するに食べ物を口にするまでの背景や状況や感情が
旨さに大きく影響をおよぼす事なのだろうと思います。

私は、宇宙に行って宇宙服を着て宇宙船の中で宇宙食を食べたい!

あの野菜スープ的なモノ、あのサンドウィッチ的なモノ、あのペースト状のモノ
あのパティ状のモノ、どれもが美味しそうです。いつか口にしたいと強く思います。

ちなみに「人猿」が食べる生肉や、最後のフランス料理を食べるシーンは重要ではありますが
私としてはときめきませんでした。
[PR]
by gaal-gaal | 2008-05-14 22:46 | 映画 | Comments(0)
<< G.A.A.L 2008 Ex... 映画「2001年宇宙の旅」 >>