Revell のプラスチックモデル

おかげさまで、展覧会は順調な滑り出しです。
本番は今日からの三日間、みなさんお誘い合わせのうえ
起こし下さい。
待ってます!

今日の話はプラモデル。
下の画像は、知人の獣医Kさんから頂いた物です。

1991年製
バルボリン ドラグスター
1/25スケール

もったいなくて作れません。
そして、作るからには相当の覚悟が必要です。
完成したら、ガラスケースに入れなくてはなりません。

私は、プラモデルが大好きな子供でしたが
レベル製には手が出せませんでした。
上級者のプラモデルです。
帆船、人体模型、エンジン模型、車、戦闘機、etc...。
説明書はもちろん英語です。
バリだらけのランナー。
全て同じ色のプラスチック。
子供には手に終えませんでした。
今では、その深い意味が解るようになりましたが
子供のころは、出来の悪いプラモデルだと思っていました。

私はTAMIYA派でした。
精度が高く、細かいディティールの再現に心うたれたものです。
ボスパー、ロンメル、8トンハーフトラック、1/12ポルシェ
1/6ハーレーポリスバイク、1/700ビスマルク、ヒューイコブラ
どんなシリーズも作りました。
色塗りは苦手でした。先日、久々に息子の為にプラモを作った(自分の為)ところ
現在のほうが、俄然上手に塗れるようになっていました。


e0146210_717546.jpg
e0146210_7181130.jpg
e0146210_7182365.jpg
e0146210_7184012.jpg
e0146210_7191455.jpg
e0146210_7192688.jpg

[PR]
by gaal-gaal | 2008-07-19 07:20 | toy's | Comments(3)
Commented by J at 2008-07-26 09:42 x
私はハセガワ派です
Commented by J2 at 2008-07-26 09:43 x
私はイマイ派です
Commented by J3 at 2008-07-26 09:44 x
私はバンダイ“ヨンパチ”派です
<< 展覧会終了 作品搬入 >>