最初期の作品

20年以上前の私の最初期の作品を、少し紹介します。
人物を描いています。

「自分が抽象作品を作るなんて、恐れ多い。」と思っていた頃の作品です。
学生のころから、ファッション雑誌のモデルの写真や
有名写真家のポートレートを見ながら絵を描いていました。
コントラストの強いモノクロームの写真が好きでした。(今でも)
目の部分が影になって黒く見えなくなっている写真が好みです。
絵画の本より、写真関係の本を良く見ていました。
ホルストの作品集は今でも時々見ています。
好んだ写真は、人物はリアルですが、作品のイメージはシュールな物です。
コム・デ・ギャルソンの写真集も好みの物が沢山有りました。

本格的にデッサンを学んだ事はないので、我流です。
しっかり美術を学んだ方が見ると不備な点が色々あると思います。
そこが少々コンプレックスなので、いつかきちんと勉強したいと思いながら
今に至っています。

大学の時、ヌードデッサン会に行ったのは良い経験になったと思います。
下手でしたけど面白かったです。
デッサン会の日が待ちどおしかったものです。

下の作品2点も写真を見て描いたものです。
ペン画も好きでした。
雑誌を買って来て、好みの写真を見てパッパパーと描いていき
何枚か見比べて気に入った絵を額に入れてました。
これは、その一枚です。

アクリル画の方は、著名な写真家の作品を見て描いたのですが
私なりの解釈で描いた部分もいくつか有ります。

昔の作品は恥ずかしいですが、真剣さも感じられて良いものだと思います。
素人写真をスキャンしたものなので画像が見辛く、申し訳ありません。
e0146210_0131086.jpg
e0146210_0133412.jpg

[PR]
by gaal-gaal | 2008-09-12 00:19 | G.A.A.L | Comments(0)
<< naef Modulon French Blue Pic... >>