カテゴリ:建物( 15 )

オーガニックビル 大阪 ガエターノ・ペッシェ

先日、大阪へ行った時に仕事の訪問先の近くに「オーガニックビル」があり、10年ぶりに訪ねて
てきました。

オーガニックビル
所在地:大阪市中央区南船場4-7-21
施 主:小倉屋山本
設 計:ガエターノ・ペッシェ

前回来たときは外観をさらっと見ただけでした。
今回は改めて、一階入口・玄関ホール・駐車場などを拝見してきました。
e0146210_18405412.jpg

e0146210_18412496.jpg

外観は以前と変わりありません。古さを感じさせません。
e0146210_18423592.jpg

e0146210_1842257.jpg

e0146210_1843751.jpg

「ORGANIC BUILDING」と型取られた影絵のようなスチールプレート。
室内のある部分でも沢山使われています。
そして、内部は見所満載でした。
次回につづく。
[PR]
by gaal-gaal | 2011-06-17 19:03 | 建物 | Comments(0)

大坂万国博覧会「EXPO'70」は今年40周年

私が小学3年生になる春休みに父と行きました。
会場の規模の大きさに驚き、未来的な建物がたくさん有り楽しめました。

《印象に残っているパビリオン》
・繊維館
・アメリカ館
・ソ連館
・スイス館
・太陽の塔
・エキスポタワー
・ドイツ館
・フランス館
・東芝EMI館
・ガスパビリオン
・日立館
・オーストラリア館
e0146210_1241996.jpg

会場全景写真(LIFE誌1970年のEXPO'70特集より抜粋)
[PR]
by gaal-gaal | 2011-02-13 12:44 | 建物 | Comments(0)

超おすすめ4コマ漫画「建築女」最新回が面白い!

今回の面白いっす。
建築女
[PR]
by gaal-gaal | 2010-11-15 21:40 | 建物 | Comments(0)

上海万博英国館(イギリス館)の事。 五十嵐太郎氏の言葉

北海道新聞2010年10月18日(月曜日)の朝刊
建築評論家・五十嵐太郎氏の言葉に共感します。
氏は、英国館がベストだと言っております。そして
「建築のデザインがそのまま展示のコンセプトにつながる、極めて知的なパビリオンである。」
と締めくくっています。
思いを上手に言葉に出来ない私は、この文を読んでとてもすっきりした気分になりました。
英国館(イギリス館)も素晴らしいですし、評論家としての五十嵐さんも素晴らしい!
英国館(イギリス館)公式サイト
[PR]
by gaal-gaal | 2010-10-21 00:11 | 建物 | Comments(2)

ペルー・クスコーの石壁

今から36年前(1974年〜)私が中学生の頃、NHKで「未来への遺産」というドキュメンタリー特集番組を放送していました。
世界の文明や遺産を壮大な構成で視聴者に訴えかけてくる素晴らしいものでした。
私がマヤ文明やインカ文明を動画で一挙に目の当たりに出来たのはこの放送が最初ではないかと思います。
その中で、今でも一番印象に残っているのが「誰がどんな情念で」シリーズのクスコーの石積みの壁でした。
インパクトではナスカの地上絵と双璧をなします。しかし、精密な技に惹かれる私としては最終的にクスコーの石壁に軍配を上げます。
ランダムに積まれた石と石の間にはカミソリ1枚入る隙間も無いのです。一つとして同じ形が無い石、断面は直線ではなく微妙に揺らいでいます。
複雑に入り組んでいる断面もあります。石を粘土か豆腐を切るようにカットしてお互いの面を合わせています。
あり得ないです。超高度な技術なのに道具は原始的(らしい)。
私の考えはこうです。
当時の技術者や職人は、音楽で言えば「絶対音感」みたいな能力を土木建築分野に於いて持っている天才もしくはサヴァン症候群の奇跡的集団で、しかも遺伝により子孫にその能力が受け継がれている。
どうでしょうか。
[PR]
by gaal-gaal | 2010-07-20 19:18 | 建物 | Comments(0)

建設中のシドニーのオペラハウス

こんな写真を見つけました。
e0146210_631029.jpg

建設中のシドニーのオペラハウスです。(1967年頃)
21世紀の建築にも負けない複雑さが感じられて面白い。
「頑張ってんなー。」と思います。
[PR]
by gaal-gaal | 2010-05-22 06:35 | 建物 | Comments(0)

フランク・ロイド・ライト「落水荘」のCG動画

こんな動画を見つけました。
下のHPを開いたら画面のmovieをクリックし、お好きなクオリティでお楽しみ下さい。
落水荘
[PR]
by gaal-gaal | 2010-03-15 13:16 | 建物 | Comments(0)

室蘭の夜景

伊達市方面から国道で室蘭に入る手前の高台からの写真です。
寒いしカメラも固定出来ないもんで、こんな画像しか撮れませんでした。
夜11時少し前です。この後白鳥大橋のライトアップが消えてしまいました。
e0146210_18374028.jpg

[PR]
by gaal-gaal | 2009-12-07 18:38 | 建物 | Comments(0)

上野下アパート

最後の同潤会アパートとは知らずに写真を撮っていました。
今でも住人の生活感を感じさせる現役の建築だと思います。
実際に住んでいる方々は不便を感じる所も多いと思いますが
生き残ってほしいものです。
上野の街の裏通りにとても馴染んでいました。

e0146210_1703823.jpg


e0146210_1725761.jpg


e0146210_1733948.jpg


e0146210_1741536.jpg


詳しくは下をクリック!
同潤会アパート
[PR]
by gaal-gaal | 2009-09-23 17:20 | 建物 | Comments(0)

大平洋セメント上磯工場

「工場萌えの日々」の著者、大山顕さんが「高架下建築」という本を出した、と北海道新聞に載っていました。この方は「ジャンクション」や「団地」などの私の興味をそそる単語の本ばかり出しています。「工場萌えの日々」のブログ(こちらは石井哲さんの個人ブログ)は3年位前に偶然見つけ感動しました。私も子供の頃から「工場」が好きでした。テクノに夢中になっていたころは、ヘッドフォンでYMOをボリュ−ムMAXで聞きながら室蘭の製鉄所の中を歩き回るのが夢でした。(叶うのなら今でもしたい)
石井さんや大山さんには到底及びませんが、工場の写真を撮ってきました。「大平洋セメント上磯工場」の一部です。スナップ写真の領域を超えられません。アングルが難しい、敷地内に入れない、そもそも写真技術が無い等、良い写真を撮る為のハードルは高いです。
e0146210_6431582.jpg

「工場萌えの日々」のDVDも見ましたが、素晴らしかった。コンビナートを望遠でじーっと撮っているだけですが、機械の唸る音がかすかに聞こえ、煙突の煙がのぼり、映像の右から左へゆっくりスルーするカモメ達が見えたり等、写真にプラスされた情報が新鮮でした。BGMはいっさい有りません。環境音楽を聞きながら見るのも良いと思います。
[PR]
by gaal-gaal | 2009-05-19 07:00 | 建物 | Comments(3)