<   2010年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

北海道工業大学・図書館での個展が決定しました。

2週間程前、「GALLERY創」で行われていた「時間と生きる建築vol.4―25年を超える北海道の建築写真展―」のパーティにお邪魔しました。
そこで建築家の方々と色々話して行くうちに、その場で北海道工業大学・図書館での個展が決まりました。
私の作品を知っている方々が「道工大」の佐藤孝教授に薦めてくれたのです。
その時点では話はそこまででしたが、昨日、佐藤教授と改めて打ち合わせをしてきました。
会期は来年6〜7月で、2〜4週間の予定です。道工大の年間プログラムに組み込まれます。
美術作品専門のギャラリースペースではないので、少し工夫が必要ですが、
話し合いをして行くうちに佐藤教授から面白い提案がありました。
今までの個展とはちょっと変わった企画になりそうです。(講演もするかもしれません)
今後、打ち合わせを重ね、充実した個展にして行こうと思います。
ちょっと先のお話ですが、お楽しみに!
[PR]
by gaal-gaal | 2010-06-18 19:01 | G.A.A.L | Comments(0)

「北海道立体表現展'10」はまだ続くのだ。


6月13日「芸術の森美術館」展示は終了しました。

アー大変だったけど参加出来て良かった。
1、この企画展に声を掛けてもらって良かった。
2、新しい人達と出会えて良かった。
3、作品展示が何とか間に合って良かった。
4、美術館という素晴らしい空間に展示出来て良かった。
5、他の作家さんの気合いのこもった新作を拝見できて良かった。
6、たくさんのお客様が観に来て下さって良かった。
7、作品のさまざまな感想を聞けて良かった。
8、会期中天気が良くて良かった。
9、更なる展開が始まる予感がする、、、、良かった。

更に宮の森の「本郷新記念彫刻美術館」会場では6月27日まで「小作品展」が開催されています。
作家さん達の大きな作品はご覧頂けないけれど、56人全ての作家さんの小作品を
ご覧いただけます。
ぜひ、バラエティーにとんだ作品達でアート体験をしてみてください1
[PR]
by gaal-gaal | 2010-06-15 14:36 | エキシビジョン | Comments(0)

「北海道立体表現展'10」芸術の森美術館はあと3日間

すばらしく天気も良くアート巡りにもってこいの今日このごろ、みなさま如何おすごしでしょうか?
明日以降もよい天気は継続しそうです。
「北海道立体表現展'10」芸術の森美術館の展示もあと3日となりました。
まだご覧になっていない方、是非ご高覧下さいませ。
日々の生活から少し距離を置き、緑の森に囲まれた中で作品達を観賞してみて下さい。
そこには心の中に忘れていた何かを思い出させる静かで穏やかな力が潜んでいます。
見終わった頃には、入場した時との自身の気持ちの変化を必ず感じるはずです。
それは作家さん達の作品に懸ける思いが観賞して下さった皆さんに伝わったのだと思います。
そして、今回は伝わりやすい作品が実に多いと思うのです。
「優れた作品は、明快である。」という言葉を実践しているかの様です。

今回の「北海道立体表現展'10」の入場者数経過。
先週終了した「北海道立近代美術館」の来場者数約 2,300名
6/27(日)まで開催される「本郷新記念彫刻美術館」の今のところの入場者数約1,000名
6/13(日)まで開催される「芸術の森美術館」の昨日までの入場者数約1,400名
前回、2年前の総入場者数2,800名(北海道立近代美術館1館のみでの開催)と比べて
条件に違いはありますが、はるかに多くの方が観賞して下さっています。
「本郷新記念彫刻美術館」に於いては一つの展覧会としては過去最高記録を更新しているとの事。
展示作品そのものが「面白い」と言う事が、大きな理由として感ぜずにはいられません。
皆さんも是非この機会に皆さんのもっとも身近にいる作家さん達の作品に触れる機会を作ってみませんか?
きっと幸せな気分に浸れると思いますよ。
よろしくお願いいたします。

本郷新記念 札幌彫刻美術館

札幌芸術の森
[PR]
by gaal-gaal | 2010-06-10 23:55 | エキシビジョン | Comments(0)

「北海道立体表現展'10」芸術の森美術館の様子

昨日は、芸術の森美術館会場でギャラリートークがありました。

屋外屋内の展示作家27名が、来館されたお客様に自分の作品の解説をしていきます。
まず、美術館前の芝生に展示されている作品から解説が始まりました。
午後2時過ぎ、とてもさわやかな青空の下、100名以上のお客様が集まっています。
小学生の子供達から年配の方まで色々な方がいらっしゃいました。
過去最高の人数ではないかと思われます。

作家一人の解説持ち時間は約2分、緊張している方、とても説明の上手な方、簡潔に話される方
時間オーバーぎみの方、お客様達は拍手をしながら結構まじめに聴いてくれています。
私は緊張してしまいました。解説する声が上ずっていたと思います。
自分の解説が終わり、すぐ隣にいた小学生に「緊張したよ〜。」と話すと
「うん、そう見えた。」と言われてしまいました。

聞こえ漏れてくる作品の評価は上々。
作品を鑑賞しているお客様の興味津々の表情に、手応えを感じます。

芸術の森美術館での展示は今度の日曜日、6月13日までです。
私は8日(火)、9日(水)、10日(木)の10時から13時30分まで
当番で会場におります。

お時間都合のつく方、是非ご来場下さい。
お待ちしております。
[PR]
by gaal-gaal | 2010-06-06 19:18 | エキシビジョン | Comments(0)

「北海道立体表現展'10」芸術の森美術館開催は本日から

前回のブログ以降、作品制作に追われブログを更新する余裕がありませんでした。
会場への作品設置当日まで不安感いっぱいの状態でした。
午後になり、展示の微調整が終わってライトアップされたあたりで
ようやく気分が晴れてきて、安堵してきました。
何とか形が整いましたぜ。
不満を上げればきりが無いですが、今回はこれで良しとしましよう。
ホッとしました。
直径3mの円の中に高さ3mの塔のような作品ともう一つカウンターのような作品が
設置されています。

明日、6月5日の14時よりアーティストトークがあり
来館者の方々に作家自身による各作品の解説があります。
皆さん、是非お越し下さい。
作品への関心度が高まりますよ。
「北海道立体表現展'10」芸術の森美術館

それにしても各作家さんの作品に対する情熱は凄まじいです。
それぞれの作品に強い個性があり、誰にも真似出来ない自分の世界観を作っています。

北海道の作家はレベルが高い!(自画自賛)
[PR]
by gaal-gaal | 2010-06-04 23:41 | エキシビジョン | Comments(0)