<   2010年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

東京で個展か!

東京での個展のお誘いがありました。
段取り調整中。
[PR]
by gaal-gaal | 2010-07-28 22:43 | G.A.A.L | Comments(0)

札幌市中央図書館の地下書庫に潜入する。

昨日雑誌の取材を受け、取材場所が札幌市の中央図書館でした。
図書館の地下の書庫を見学する事が出来、編集者の方とB1F〜B2Fを行ったり来たり。
珍しい本を見つけたりして楽しい時間を過ごしました。

例えば
e0146210_22281847.jpg

「少年美術館」1950年代(岩波書店)
e0146210_22334380.jpg


本当に借りたかった建築系の本は貸し出し不可でした。
[PR]
by gaal-gaal | 2010-07-28 22:35 | | Comments(0)

蝶の卵

今、私のお店では、週末に野菜や果物の販売を始めたのですが
野菜を分けてくれている農家さんの畑に行くと自然がいっぱいで幸せになります。
画像はキャベツの葉っぱに付いていた蝶の卵です。
モンシロチョウの仲間だと思います。
e0146210_1750586.jpg

e0146210_17513344.jpg

美しい!

この卵の今後は、農家のおかあさんの手によってひねり潰されておしまいです......。
[PR]
by gaal-gaal | 2010-07-24 17:55 | 生物 | Comments(0)

ペルー・クスコーの石壁

今から36年前(1974年〜)私が中学生の頃、NHKで「未来への遺産」というドキュメンタリー特集番組を放送していました。
世界の文明や遺産を壮大な構成で視聴者に訴えかけてくる素晴らしいものでした。
私がマヤ文明やインカ文明を動画で一挙に目の当たりに出来たのはこの放送が最初ではないかと思います。
その中で、今でも一番印象に残っているのが「誰がどんな情念で」シリーズのクスコーの石積みの壁でした。
インパクトではナスカの地上絵と双璧をなします。しかし、精密な技に惹かれる私としては最終的にクスコーの石壁に軍配を上げます。
ランダムに積まれた石と石の間にはカミソリ1枚入る隙間も無いのです。一つとして同じ形が無い石、断面は直線ではなく微妙に揺らいでいます。
複雑に入り組んでいる断面もあります。石を粘土か豆腐を切るようにカットしてお互いの面を合わせています。
あり得ないです。超高度な技術なのに道具は原始的(らしい)。
私の考えはこうです。
当時の技術者や職人は、音楽で言えば「絶対音感」みたいな能力を土木建築分野に於いて持っている天才もしくはサヴァン症候群の奇跡的集団で、しかも遺伝により子孫にその能力が受け継がれている。
どうでしょうか。
[PR]
by gaal-gaal | 2010-07-20 19:18 | 建物 | Comments(0)

ホームページを更新しました。

G.A.A.L のホームページを更新しました。
個展の履歴を増やしたり、画像を差し替えたりしました。
是非ご覧下さい。
下の赤い字をクリックして下さい。
G.A.A.L
[PR]
by gaal-gaal | 2010-07-13 19:03 | G.A.A.L | Comments(0)

「北海道立体表現展'10」芸術の森美術館に展示した作品

私が「北海道立体表現展'10」芸術の森美術館に展示したインスタレーション作品の画像です。
e0146210_2224362.jpg

タイトル「探る」φ3,000 H3,000
私の欲しい情報を赤いレーダーで探り
その情報を白いディスプレイカウンターに立体の幾何学的データとして表現させています。
データはモニター上に3D画像として映るのではなく、実際の立体として出現しており
現在の科学技術では不可能な領域に到達しています。
今後の課題は、
1、レーダーをより高く、より大きく、より多くする事。
2、レーダーを回転させ探知エリアの死角を無くす事。
3、立体データを可動させる事。
しかし、実現出来るかどうか.........。
※ 後ろの壁の作品は藤沢レオさんの作品です。(レオさん、勝手に載せてすいません)


e0146210_22112392.jpg

見る角度を変えて
e0146210_2245973.jpg

光と影
e0146210_6345610.jpg

レーダー主要部の接写
e0146210_2274147.jpg

立体データは分析中
[PR]
by gaal-gaal | 2010-07-04 22:14 | G.A.A.L | Comments(0)